B i o g r a p h y

中司CHUJI和芳(Kazuyoshi Nakatsukasa aka. CHUJI) 

Double Bass & Electric Bass player.
Born in Fuji City, Shizuoka Prefecture in Japan in 1982. Currently living in Berlin, Germany.  Crosses over genres such as jazz, rock, reggae, R&B, folk music, electronic music, and Japanese music and participates in performances and sessions with an eclectic variety of musicians.He has kept a busy schedule of performance and session engagements, performing over 150 dates per year. 

From 2010, started solo activities in parallel with session, band and touring support performances. Live solo performances using contrabass with loops and effects have been well received from various fields, and expand his range of activities, including performances at art festivals and galleries, collaborations with artists and live painters, and sessions with contemporary dancers and poets.

At the same time, he began producing original recorded works. The first album “budding conscience” was released in 2017, and the second album “Pendulum” was released in 2019.
Original works produced by multi-track recording, with only  contrabass, electric bass, and effects, provide a gentle and beautiful expression of humanity.

1982年静岡県富士市生まれ。コントラバス&エレクトリックベース奏者。ロックに出会いベースを手にして以降、ジャズ、レゲエ、R&B、民族音楽、電子音楽、邦楽などジャンルを飛び越えて様々なミュージシャンとのセッションを積み重ねるジプシーベーシスト。
力強く豊かな響きを持ち、強烈にドライブするアグレッシブなプレイか
ら、優しく優雅でセンシティブなプレイまで、どんなプレーヤーとも調和できることから、多くのシンガー、ソロプレーヤーからの信頼を得て、年間15​0本以上のステージをこなす。

2010年頃より、バンド、サポート等の活動と平行して、ソロ活動をスタート。コントラバスとルーパーを使ったライブパフォーマンスは各方面より好評を受け、アートフェスティバルやギャラリーでの演奏、アーティストやライブペインターとのコラボレーションやコンテンポラリーダンサー、ポエムとのセッションなど活動の幅を広げている。
また同時に音源制作も開始。2017年にファーストアルバム「budding conscience」、2019年にセカンドアルバム「Pendulum」を発表。
コントラバス、エレキベース、エフェクターのみで多重録音にて制作されたオリジナルの作品たちは、実験的でありつつも人間性と相まって優しく美しい空気をもつ。